知ってもらうために「はじめまして」をやり直します

こんにちは、Gaji-Labo 山岸です。

私たちは今年の秋に10期目を迎えます。大きな節目を目前に、この春からはそろりそろりと採用拡大のために動きはじめたりもしています。採用情報ページをまとめたのも、Gaji-Labo創業以来はじめてです。

採用活動に取り組んでみると、採用活動って「私たちが目指すことに興味を持ってくれる人と出会うプロセス」なのだと感じます。そして、興味を持ってもらう以前に、自分たちについて語ること自体がとっても難しい…。

長いあいだ口コミや紹介に頼って仕事をしてきた私たちは、今までずっとPRをサボってきました。自分たちについて伝えるということに対して、後ろ向きな気持ちのほうが大きいくらいなのです。

そんな状態ですから、採用活動にあたっては、採用以前のハードルがたくさんたくさんあります。知ってもらおうという気持ちを自分たちにインストールするところからはじめる必要があるんです。なかなかハードですよね。

しっかり「はじめまして」をやり直したい

採用活動が「私たちが目指すことに興味を持ってくれる人と出会うプロセス」だというのは、当たり前のことなんですよね。それに気付くのが遅かったのかもしれませんが、私にとっては今がそのタイミング。

つまり気持ち的には、根本的に「はじめまして」をやり直している感じなんです。はじめましてはじめまして、私たちGaji-Laboって言います。

サイトもリニューアルしました

実はちょっと前に自社サイトをリニューアルしました。なんとそれすら正式にお知らせしていなかったりします。どう考えてもお知らせしたほうがいいですよね。わかります。

リニューアルしたサイトのスクリーンショット
実はちょっと前にサイトをリニューアルしていました

リニューアルしたサイトでは、今の私たちがどんなことに取り組んでいるのかなどをちょっとずつ掲載しています。載せたいと思っている情報の半分も載せられていないので、少しずつ充実させていきます。

自分たちのこととなるといまだになめらかに語れないし、いつまでたっても笑っちゃうくらい不器用な語り口なのですが、それでも語らなくては! …と決意してはくじけている最近です。

くじけるのは仕方ないとして、くじけたらやり直さなくてはならないので、くじけながらもなんとか前進していきます。くじけそうな山岸を見かけましたら、どうぞ叱咤激励をお願いいたします。

この機会に、オンラインで気軽に面談してみませんか?

現在弊社では一緒にお仕事をしてくださるエンジニアさんやデザイナーさんを募集しています。まずはカジュアルな面談で、お互いに大事にしていることをお話できたらうれしいです。

パートナー契約へのお問い合わせもお仕事へのお問い合わせも、どちらもいつでも大歓迎です。まずはオンラインでのリモート面談からはじめましょう。ぜひお気軽にお問い合わせください!

お問い合わせしてみる!


投稿者 山岸 ひとみ

主にサービスデザイン案件や新規事業・スタートアップ案件を担当し、サービスデザイナー/プロセスファシリテーターとしてビジネスとデザインが密接な領域で活動。柔軟なプロセス設計を持ち味にして、チームの成果と成長に貢献しています。社内ではメンバーが健康に働ける環境の整備やひとりひとりの成長のためのしくみづくりなどを担当。おいしいコーヒーを買ってくる担当もやってます☕