新規事業案件やサービスデザイン案件では半構造化インタビューがおすすめ

Gaji-Laboでお手伝いする新規事業案件やサービスデザイン案件では、リサーチをする機会もたくさんあります。チーム内にリサーチャー専業の方がいることは稀なので、ユーザーインタビューや関係者へのヒアリングを担当したり、チームメンバー自身がやれるように手助けをしたりしています。

ユーザーインタビューを手伝うだけでなく、チームのみんなもできるように!
チームみんなでユーザーの声を聞けるようになるのって、とてもすてきなことですよね

チーム内の限られたリソースで分担してインタビューする場合、半構造化インタビューの形を提案することが多いです。インタビューにはいろいろな技法があるのですが、半構造化インタビューというのは事前にざっくりと質問事項を決めておいて、相手が話してくれる内容を深堀りして詳細に聞いていくという手法です。

もっとも安定して成果が出しやすい

他のインタビュー手法には構造化インタビューや非構造化インタビューなどがあります。かっちり質問内容を決めて一問一答する構造化インタビューはアンケートとあまり違いがないので、対面で行うのはリソース的にもったいない。質問内容を決めないフリースタイルな非構造化インタビューは、インタビュースキルのレベルがまちまちのチームではリスクが大きい。半構造化インタビューがもっとも安定して成果が出せるというのがおすすめする理由です。

もちろん、どのインタビュー手法にもそれぞれのよさがあるので、そのときの状況に最適なものをおすすめしています。ここで言うおすすめとは、あくまで限定的な状況での話です。

成功のための準備はしっかりと

生まれたてほやほやの新規事業チームには、インタビュー自体はじめて実施するというメンバーもいます。チーム総力戦でインタビューに向き合うため、半構造化インタビューの準備はしっかりとやります。手順はだいたい以下のような感じ。

1. インタビューするべき項目の洗い出し
2. インタビューのためのシート作成
3. インタビュー後のデータ整理とサマリー作成
4. インタビュー後の分析・インサイト抽出

それぞれの手順の具体的な進め方については、また追って書いていきたいと思います。インタビュー、奥深くて大好きなんですよね!

チームやプロセスのお悩み、ありませんか?

あなたのチームのお悩みはなんですか? 「プロジェクトゴールへの目線合わせができていない」「ビジネスから開発までのプロセスがうまく繋がらない」「プロジェクトがうまくいっていないが、その理由がわからない」などなど… 。

そんなときは、相談相手としてGaji-Laboにお気軽にお声がけください。事業やデザインの悩みを紐解きながら、チーム全体の生産性をアップさせるためのお手伝いをします。

オンラインでのヒアリングとフルリモートでのプロセス支援に対応していますので、リモートワーク対応可のパートナーをお探しの場合もぜひ弊社にお問い合わせください!

お悩み相談はこちらから!

関連リンク

半構造化インタビューについての記事シリーズも合わせてどうぞ!


投稿者 山岸 ひとみ

主にサービスデザイン案件や新規事業・スタートアップ案件を担当し、サービスデザイナー/プロセスファシリテーターとしてビジネスとデザインが密接な領域で活動。柔軟なプロセス設計を持ち味にして、チームの成果と成長に貢献しています。社内ではメンバーが健康に働ける環境の整備やひとりひとりの成長のためのしくみづくりなどを担当。おいしいコーヒーを買ってくる担当もやってます☕