Trelloでタスクを共有し、見える化する

morita

こんにちは森田です。

リモートワークをしていると、自分が何の作業をしているのか知ってて欲しいし、メンバーが何の作業をしているのか知りたいです。

とはいえ、毎回宣言するのも面倒ですし、毎回聞くのも気を使います。
なのでタスクをオープンにして見える化していこうと思いました。

やはりカンバン、やはりTrello

Trello Logo

タイトル通りですがカンバン型タスク管理アプリ Trello を使っています。

以前の記事で、Be Focusedを使ったポモドーロテクニックについて書きましたが、Todoリストですと「やるタスク」と「終わったタスク」しかわからないので、個人で使う分にはシンプルでいいのですが、もっとステータスも共有できるものを探しました。

その結果、カンバンが1番わかりやすかったです。

Github のプロジェクトボードもカンバン方式ですし、状況を共有するには最適なのかもしれません。

弊社、以前より社内での KPT の TRY などを Trello で共有するなどヘビーユーズしているので、メンバー全員が使いこなせます。
なので、個人のボードを誰でも見れる触れる形にしました。

森田の Slack ボード

カンバンの定番リストは「ToDo」「Doing」「Done」の3つなのですが、タスクに時間のタスクなども欲しかったので、アウトプット大全のToDoリストの書き方 も参考にして、1日を午前/午後に分けたり期限切れ
「ToDo」「This Week」「Today/AM」「Today/PM」「OverDue」としています。

あとはSlackにたれ流す

Trello は Slack と簡単に連携ができ、どのアクションを流すかも細かく設定ができ便利です。私はほぼ全てのアクションがSlackに流れるようにしています。

Slackに流れる私の Trello

弊社 Slack にある個人チャンネル(誰でも見れるし書き込めるけど主に自分がつぶやくチャンネル)にたれ流します。

今までも Slack 連携はしていたのですが、複数人が Trello を更新するとチャットがあっという間に埋まってしまいました。

個人チャンネルなのでTLをどれだけTrelloで埋めても気にならないですし、細かい状況も共有できるので便利です。

みんなやりだした

Slackキャプチャ

弊社のトレンドになりました。
どんどん書いてガンガン流していきましょう。

この機会に、オンラインで気軽に面談してみませんか?

現在弊社ではエンジニアさんやデザイナーさんを募集しています。オンラインでの面談OKですので、オンライン希望の旨をお伝え下さい! もちろん、一緒にお仕事をしてくださるパートナーさんも随時募集中!

まずはお気軽に声をかけてくださいね!
フォームからのお仕事お問い合わせや採用への応募、大歓迎です!

お問い合わせしてみる!


morita

投稿者 Morita Sou

ディレクターとして適切な技術提案やコミュニケーションを出来るように心掛けています。エンジニアとして主にフロントエンド全般、CMS構築や開発環境の構築などを得意としています。
Macやエディタ、開発環境などを最適化することにいつも燃えています。