危機的な状況の中で10期4QのOKRを設計している今、OKRの重要性を噛み締めています

こんにちは、Gaji-Labo山岸です。緊急事態という単語を日に何度も目にするようになりました。胸はざわつくばかりですが、今日は久しぶりにOKRについての報告です。

弊社はこの4月から10期の4Qに入りました

すでに4Qがはじまっている中、3月があまりに慌ただしかった影響で、予定していたOKRの設計がちょっと遅れています。現状、コーポレートObjectivesとOKRドキュメントの設計方針まで決まっていて、KRとKRトラッキング用のダッシュボード設計が進捗中。

諸々WIPの状態ではありますが、今日は全員の参加する定例で4QのOKR設計の進捗報告をして、どう進めていくかの方針説明もしました。

長期ビジョンの実現に向けて、今期も前期の目標を引き継いだ形に落ち着きました

今期のOKRの方針

内容ではなく導入と定着の面で、今期の方針は明確です。メンバーひとりひとりがOKRにコミットする成功体験を確実に積んで、OKRそのものの体感値を掴むことを重要視した形で、全体設計とドキュメント設計を並行して進めています。

そのため、「本来ならばOKRはこうあるべき」という姿をすこし曲げて、変化球の取り組みを試す期になりそうです。あるべき論から逸脱するのは不安もあれど、今のチームにフィットすることを選んだ結果です。

メンバーひとりひとりに腹落ちしてもらうまで話したい

とはいえ、ていねいに説明したつもりでも「なんで今期は突然こんな形になったのだろう?」という疑問はメンバーの中に当然出ます。オンラインで定例の中で質問や感想を重ねて交わしたり、視点の違うメンバーに説明を加えたりしてもらって、理解を深めていきました。

何かを共有するとき、設計したドキュメントURLをみんなに投げて、「これ各自で見ておいてね」というやり方もできると思います。弊社でも以前はそれで済ませてしまう場面も多々ありました。しかし、これからのOKR設計・共有のやりかたは、それではいけないと考えています。

ひとりひとりが腹落ちするまで話すこと、そして腹落ち度はもともとの理解度によっても段階があるため、それも加味してコミュニケーションすること。Gaji-LaboのOKRはそんなふうにして成り立っていますし、これからもそれを続けて練度を高めていく必要があります。

危機的な状況を目の前にしてみてのOKRの大切さ

今は COVID-19 の影響により、誰も体験したことのない状況が続いています。Gaji-Laboもこの局面を乗り切るために必死です。

こうした状況で会社の3ヶ月後/半年後がどうなっているのかをオープンに話し合い、今やるべきことに集中してそれぞれがアクションをする。OKRに取り組める文化が根づいたことは大きな資産だと、かつてないほどに感じています。同じように、小さい会社だからこそメンバー総力戦で生き残るため、共通のわかりやすい指標が必要だということも実感しています。

昨年から地道にOKR導入を進めてきたことは、今になって確実に効いています。これまでよりも密に社内コミュニケーションを取りながら、お互いの家庭の事情を思いやりつつ、落ち着いて仕事に取り組めるチームであることが、本当にありがたいです。

弊社にとってのOKRは、今後も強い武器になっていくだろうと期待しています。ネガティブなものに取り巻かれながらも、すこしでも前向きに仕事ができるよう、意義のある目標管理を続けていきます。

実践したら、また報告します

今もGaji-LaboではどんなふうにOKRを設計しているの? と訊かれることもあるのですが、実はまだまだ試行錯誤中。四半期ごとにすこしずつ基盤が育ちつつあるので、いずれはまとめてみたいとは思っています。

次にOKR関連の報告記事を書くときには、実践しての学びをシェアできたらいいなぁと思っています!

チームやプロセスのお悩み、ありませんか?

あなたのチームのお悩みはなんですか? 「プロジェクトゴールへの目線合わせができていない」「ビジネスから開発までのプロセスがうまく繋がらない」「プロジェクトがうまくいっていないが、その理由がわからない」などなど… 。

そんなときは、相談相手としてGaji-Laboにお気軽にお声がけください。事業やデザインの悩みを紐解きながら、チーム全体の生産性をアップさせるためのお手伝いをします。

オンラインでのヒアリングとフルリモートでのプロセス支援に対応していますので、リモートワーク対応可のパートナーをお探しの場合もぜひ弊社にお問い合わせください!

お悩み相談はこちらから!


投稿者 山岸 ひとみ

主にサービスデザイン案件や新規事業・スタートアップ案件を担当し、サービスデザイナー/プロセスファシリテーターとしてビジネスとデザインが密接な領域で活動。柔軟なプロセス設計を持ち味にして、チームの成果と成長に貢献しています。社内ではメンバーが健康に働ける環境の整備やひとりひとりの成長のためのしくみづくりなどを担当。おいしいコーヒーを買ってくる担当もやってます☕