Github でよく使うスクリーンショットを便利にするアプリ2選

morita

こんにちは森田です。

Github で Issue を立てる時や、プルリクエストを立てる時にスクリーンショットを添えていると分かりやすく親切です。

今回はそんな時に便利に使える Mac アプリを紹介します。

ホバースタイルを追加したプルリクエスト。GIFアニメを添えて一目瞭然。

動画には「Kap」

動画(アニメーションGIF)を取る場合は Kap を使っています。

Kap はオープンソースで開発されているスクリーンショットアプリケーションです。

Kapの特徴

  • GIF, MP4, WebM, APNG など複数フォーマットに対応
  • トリミングができる
  • サイズやFPSの変更ができる
  • クリップボードに直接コピーできる
  • プラグインで様々なサービスと連携できる

が便利です。

アニメーションGIFはファイルサイズが大きくなりがちでGithubの画像サイズの上限 10MB を超えることがよくあります。
Kapはトリミングやサイズの変更を撮影後にできるため、サイズなどを考慮して調整できるのが便利です。

そして、Githubはクリップボードの画像をそのまま Issue にペーストができるので画像を保存せずそのまま貼り付けることができます。

画像の注釈には「Skitch」

Skitch は画像に文字や矢印、図形などの注釈を簡単に入れることができるアプリケーションです。
注釈アプリは色々あって試したのですが、定番のSkitchが1番使いやすいのでずっと使い続けています。

Skitchの特徴

Skitch の特徴はやはりわかりやすいバッキバキの色味のスタイルです。
Issue で指摘したい箇所にわかりやすく明確に伝わります。

また、モザイクなども付けれるのでブログの画像加工でも便利に使わせてもらっています。

まとめ

クライアントワークにも、メンバーにも明確に要点を伝えるためには、スクリーンショットは欠かせないと思います。
アニメや注釈を付けてより伝わりやすく工夫するように心掛けています。

開発のお悩み、フロントエンドから解決しませんか?

あなたのチームのお悩みはなんですか? 「腕の良いエンジニアに重要でない作業まで任せてしまっている」「腕の良いデザイナーに主業務以外も任せてしまっている」「すべての手が足りず細かいことまで手が回らない」などなど… 。

そんなときは、相談相手としてGaji-Laboにお気軽にお声がけください。あなたの開発チームに足りていない役割や領域を適切に捉えてカバーすることで、チーム全体の生産性と品質をアップさせるお手伝いをします。

オンラインでのヒアリングとフルリモートでのプロセス支援に対応していますので、リモートワーク対応可のパートナーをお探しの場合もぜひ弊社にお問い合わせください!

お悩み相談はこちらから!


morita

投稿者 Morita Sou

フロントエンドチームマネージャー。
適切な技術提案やコミュニケーションを出来るように心掛けています。CSS設計・CMS構築や開発環境の構築などを得意としています。
Macやエディタ、開発環境などを快適にすることにいつも燃えています。