作業が断片的になるリモートワークでし「ない」こと

morita

こんにちは、森田です。
先月、今月はリモートワークでの作業がとても断片的です。

そう、なぜなら自宅保育中だからです。
1時間以上集中して作業できるのは、お昼寝の時間と夜に寝た後くらいです。

仕事と育児のバランスを考えたところ、沢山のことをやろうとするよりも、し「ない」ことの方が大事なことに気付きました。今回はその し「ない」 ことを紹介します。

マルチタスクをし「ない」

もともとマルチタスクなんて高度なことはできない人間なのですが、つねに子供というタスクが発生しているために、仕事のタスクはよりシングルタスクに拘ることにしました。

Trelloのタスクを淡々と消化していきます。

基本的に中断されることを前提に、脳の切り替えコストを減らすためにも「コーディング」「コミュニケーション」「マネージメント」など同じカテゴリーの類似タスクを分類しなるべくまとめて処理するようにしています。

新しいインプットをし「ない」

これは期間限定ですが、一時的にインプットをストップすることにしました。

どうしても新しいインプットは楽しい分、時間があっという間に過ぎてしまうので、この期間は新しいインプットを自粛しています。

新しいCSSの値の話や、Recoil など気になる話題は目に付きますが、落ち着いた時に改めて調べようと思います。

自宅保育期間は現状維持で頑張ります!

キリのいいところで切りあげ「ない」

僕も愛読している阿・吽の作者おかざき真里先生が Twitter でイラスト付きで紹介されてた 「キリのいいところで切りあげ『ない』」という方法。

いつもキリのいいところまでやってしまう自分にとっては目から鱗でした。

ここ1週間くらい実行してみているのですが、たしかに翌日すぐに作業が開始できて良い気がします。

私は寝て起きると大体のことを忘却しているので、付箋やスティッキーズで記憶の復活をアシストしています。

仕事を優先し「ない」

なんだかんだでこれが一番大事な気がしています。
タイミングなどもあるので一概には言えないことですが、基本的に家族優先にしています。

仕事中でも子供から呼ばれた時などは一緒に遊ぶようにしています。
一緒に公園に行ければこちらもリフレッシュできます。

色々と理由はあるのですが、この期間を子供と楽しもうというところです。

まとめ

今までやることばかりフォーカスをあてていましたが、今の状況ですとし「ない」ことを考えるのも大事ですね。

早く平和な日常が戻って欲しいものです。

この機会に、オンラインで気軽に面談してみませんか?

現在弊社では一緒にお仕事をしてくださるエンジニアさんやデザイナーさんを募集しています。まずはカジュアルな面談で、お互いに大事にしていることをお話できたらうれしいです。

パートナー契約へのお問い合わせもお仕事へのお問い合わせも、どちらもいつでも大歓迎です。まずはオンラインでのリモート面談からはじめましょう。ぜひお気軽にお問い合わせください!

お問い合わせしてみる!


morita

投稿者 Morita Sou

フロントエンドチームマネージャー。適切な技術提案やコミュニケーションを出来るように心掛けています。CSS設計・CMS構築や開発環境の構築などを得意としています。
Macやエディタ、開発環境などを快適にすることにいつも燃えています。