1コマ10分メソッドでワークショップのアクティビティをさくさくシミュレーション!

こんにちは、Gaji-Labo 山岸です。シリーズで書いているワークショップデザインの話、ここまではアクティビティを実際に設計する前のコンセプトとアウトカムの整理について書いてきました。

今回はちょっとしたTIPSとして、アクティビティのシミュレーションをさくさく進めて設計に集中するためのメソッドを紹介します。

ワークショップのワイヤーフレームみたいなものを作る

アクティビティについて練る際、全体像を把握した状態で時間配分を考えることが大事になってきます。どんなときでもそれは変わらないので、取っ掛かりのフレームを作って機械的に考えるようにしています。

例えるなら、デザインで言うところのワイヤーフレームみたいなものをワークショップのアクティビティでも作ることができるのです。この作業をするとしないとでは大違い!

ふせんを使って10分単位で考えるルール

ルールはシンプル。ふせんひとつを10分として考えていくだけ。5分とか3分などの短い時間で考えず、1アクティビティには10分かかる想定で組んでいきます。

ふせんひとつで10分、それらを並べたイメージ
  • 必要な枚数を並べる(3時間なら18枚)
  • 最初と最後は必ず「オープニング/クロージング」に当てる
  • あらかじめ「休憩」のコマを作っておく

上記の準備ができたら、ふせんにアクティビティのざっくりしたタイトルを書いていきます。「休憩」のふせんを必ず間に挟み、必要があれば前後に移動させながら書き込みます。

実際にふせんを並べたイメージ
この場合は左上から右下に向かって2時間の枚数を並べています

1コマ10分メソッドでシミュレーションするメリット

設計初手に1コマ10分メソッドを用いてアクティビティの書き込みを進めると、いくつかのメリットがあります。

  • 常に全体像を俯瞰してアウトラインを考えることができる
  • ふせんを並べ替えるだけで簡単にアクティビティ順序を調整することができる
  • 無理なくバッファを確保することができる(特にオープニング/クロージング)
  • 忘れがちな「休憩」時間を確実に含めることができる
  • アクティビティの詰め込み過ぎを防止することができる

特にアクティビティの詰め込みすぎ防止には役立ちます。ワークショップを設計するときの悩みとして「どうしても詰め込んでしまう…」という声もよく聞きますが、1コマ10分メソッドでシミュレーションすれば時間配分の失敗が圧倒的に少なくなります。

ワークショップだけでなく、様々なアクティビティのプランニングに有効なメソッドだと思いますので、ぜひ活用してみてくださいね。

ワークショップデザインに興味のある方には、同記事と同じ「Gaji-Laboが大事にしているワークショップデザイン」シリーズの記事もおすすめです。

チームやプロセスのお悩み、ありませんか?

あなたのチームのお悩みはなんですか? 「プロジェクトゴールへの目線合わせができていない」「ビジネスから開発までのプロセスがうまく繋がらない」「プロジェクトがうまくいっていないが、その理由がわからない」などなど… 。

そんなときは、相談相手としてGaji-Laboにお気軽にお声がけください。事業やデザインの悩みを紐解きながら、チーム全体の生産性をアップさせるためのお手伝いをします。

オンラインでのヒアリングとフルリモートでのプロセス支援に対応していますので、リモートワーク対応可のパートナーをお探しの場合もぜひ弊社にお問い合わせください!

お悩み相談はこちらから!


投稿者 山岸 ひとみ

主にサービスデザイン案件や新規事業・スタートアップ案件を担当し、サービスデザイナー/プロセスファシリテーターとしてビジネスとデザインが密接な領域で活動。柔軟なプロセス設計を持ち味にして、チームの成果と成長に貢献しています。社内ではメンバーが健康に働ける環境の整備やひとりひとりの成長のためのしくみづくりなどを担当。おいしいコーヒーを買ってくる担当もやってます☕