外部パートナーの方がパフォーマンスを発揮できる体制作り

suzuki

こんにちは、 Gaji-Labo フロントエンドエンジニアの鈴木です。

Gaji-Labo では、プロジェクトに携わる上で外部のエンジニアさんやデザイナーさんなど、外部パートナーの方と仕事する機会が多くあります。

今回は、外部パートナーの方と仕事する時に意識しているポイントについて書いていきます。

作業を進める上で自分がボトルネックにならないようにする

外部パートナーさんと協働して実装する時は、自分の作業待ちでパートナーさんの作業が止まることのないような工夫をします。

具体的には、

  • 質問や確認などのレスポンスはできるだけ早く返す
  • 優先度の高いレビュー依頼はすぐに見る

など、出来るだけパートナーさんの待ちの時間が短くなるように意識して動きます。

やりづらさを感じていないかアンテナを張っておく

案件によって進め方が異なるため、パートナーさんがやりにくさを感じていそうな場面では、都度こちらから会話をします。

状況を見ながらやりづらさがあるかどうかヒアリングしていくのも、パートナーさんのやりにくさを解消する上で有効です。

プロジェクト参加初期段階では持っている情報量に差があったり、不明点が多いはずなので、こちらから会話する機会を設けて、パートナーさんがスムーズに作業を進められるように工夫をします。

過去にあった事例

ある Web アプリケーションの開発案件で、Gaji-Labo がコンポーネント開発を担当し、外部パートナーさんが機能実装を担当するという案件がありました。

その開発中に、「コンポーネント開発と機能実装で、コンポーネントの HTML を書く作業が重複する」という問題が発生しました。

ページにコンポーネントを組み込む際、機能実装で使っていた HTML は上書きされるので、パートナーさんの作業が不要な重複作業になってしまっていました。

そこでパートナーさんにヒアリングを行い、パートナーさんが HTML を書かなくて済むように、コンポーネントで必要なデータだけを取ってきてもらう方針に変更しました。

方針を変更することでパートナーさんが不要な作業を行う必要がなくなり、専門領域に集中してもらうことができました。

外部パートナーさんのパフォーマンスが活かされるように振舞う

外部パートナーさんと仕事する際には、得意とする領域・スキルのある領域でパフォーマンス発揮してもらえるように、こちらから準備したりコミュニケーションを取るようにしています。

自分がボトルネックにならないような振る舞いをする、パートナーさんの専門領域外で、社内メンバーで担当できる人がいるときは社内でそのタスクを受け持つなど、パートナーさんが専門領域でパフォーマンスを発揮できるような体制を作ることを意識しています。

Gaji-Laboでは、JavaScriptフレームワーク経験が豊富なパートナーさんを募集しています

Gaji-Laboでは、開発チームの一員としてプロジェクトに一緒に取り組んでくれる業務委託のパートナーさんを募集しています。

現在は特にJavaScriptフレームワーク実践と業務経験が豊富なWebフロントエンドエンジニアを必要としています。React + TypeScript、Vue.js、Next.js、Nuxt.js など、あなたの得意なフレームワークを教えて下さい!

パートナー契約へのお問い合わせもお仕事へのお問い合わせも、どちらもいつでも大歓迎です。まずはオンラインでのリモート面談からはじめましょう。ぜひお気軽にお問い合わせください!

お問い合わせしてみる!


suzuki

投稿者 suzuki

HTML/CSS のマークアップから始まり、現在は React や TypeScript を使ったコンポーネント実装をすることが多いです。

淡々と実装するだけではなくコミュニケーションを取りながら、チームとしてプロジェクトを前に進めることを意識しています。

最近は会社の成長へのコミットに関心があり、組織・チーム全体で強まるためにはどうするのだろう?ということを考えています。