B2B2Cのサービスをすばやく検討したいときに使えるシンプルなキャンバス

こんにちは、Gaji-Labo 山岸です。

新規事業を考えるチームのプロセスを支援する際に、さまざまなフレームワークを使用しています。キャンバスやマップと呼ばれる形のシートを使って、すばやくたくさんアイデアの検討を繰り返すことも少なくありません。

Gaji-Laboでは、ここまでの知見を組み合わせて様々なパターンのキャンバスを用意し、ナンバリングして管理しています。プロジェクトの状況に合わせて、最適なキャンバスを選んで活用します。

B2B2Cのサービスを検討するためのキャンバス

ある時期から、B2B2Cの領域を扱うチームのサポートがぐんと増えました。デザインスプリントやリーンスタートアップでよく使うキャンバスは、B2CやB2Bを扱う際にはわかりやすいのですが、B2B2Cのサービスになるとフレームワークへの落とし込み自体が難しくなる傾向があると感じています。

もちろん、練度の高いビジネスデザイナーやスタートアップチームは問題なく取り組めるのだと思います。しかし、これから新規事業に取り組んでいこうとしている生まれたてのチームにとって使いやすいフレーミングはないものか? そんな課題感を持ちながらいくつかの新規事業チームと一緒にアイディア検討や価値検証を進める中で、こんな図が生まれました。

B2B2Cのサービスを検討するための図
個々の要素はおなじみの要素で、toC と toB を対比できるような配置にしています

チームメンバーと対話をしながらホワイトボードに描いた図がはじまりなのですが、これは使えそうだということで、早速キャンバス化して使ってみました。つまり新規事業を作る現場から、必要に迫られてリアルタイムで生まれたツールといえます。

使ってみるとなかなかいい感じだったので、いつでも使えるようにテンプレート化したものが以下のキャンバスです。

どなたにも使っていただけるよう、クリエイティブ・コモンズ 表示 – 継承 4.0 国際 ライセンス でPDFを配布しています。

PDFテンプレートとしてまとめ直したキャンバス
A4用紙に出力して書き込んだり、オンラインホワイトボードに貼ったりして使うことができます

雑に作って雑に捨てるためのお手軽キャンバス

リーンスタートアップの初期段階でひとつのアイデアに固執したり、時間をかけすぎたりすると、他の大事なことを見落としてしまう可能性があります。そのために、「捨てる」という判断はとても大事になると思っています。

さくさくたくさん作って、さくさくたくさん捨てる。B2B2Cのアイディアを大量に検討するために、このキャンバスはなかなか便利だと思います。

キャンバスの上にふせんを貼って活用しているイメージ
miroなどのオンラインホワイトボード上に配置して、ふせんをぺたぺた貼っていくと便利です

もちろん、世の中にはよくできたフレームワークがたくさんあって、よさそうだと判断したアイデアを詳細に検討したり、じっくりと掘り下げたりするのに最適なツールはたくさんあります。

自分や自分のチームにとって、今どんな手法やツールを使うことが最適なのか? を考え、選択していくことが重要なのだと思います。成果が上がらないと感じているとき、悪いのはツールではなく使いかたです。ツールの選択とツールの使いかたの両方を、定期的に見直したいですね。

チームやプロセスのお悩み、ありませんか?

あなたのチームのお悩みはなんですか? 「プロジェクトゴールへの目線合わせができていない」「ビジネスから開発までのプロセスがうまく繋がらない」「プロジェクトがうまくいっていないが、その理由がわからない」などなど… 。

そんなときは、相談相手としてGaji-Laboにお気軽にお声がけください。事業やデザインの悩みを紐解きながら、チーム全体の生産性をアップさせるためのお手伝いをします。

オンラインでのヒアリングとフルリモートでのプロセス支援に対応していますので、リモートワーク対応可のパートナーをお探しの場合もぜひ弊社にお問い合わせください!

お悩み相談はこちらから!


投稿者 山岸 ひとみ

主にサービスデザイン案件や新規事業・スタートアップ案件を担当し、サービスデザイナー/プロセスファシリテーターとしてビジネスとデザインが密接な領域で活動。柔軟なプロセス設計を持ち味にして、チームの成果と成長に貢献しています。社内ではメンバーが健康に働ける環境の整備やひとりひとりの成長のためのしくみづくりなどを担当。おいしいコーヒーを買ってくる担当もやってます☕