デザインのゴールはいつでも振り返る

imanishi

こんにちは、Gaji-Labo UIデザイナーの今西です。

デザイナーは何もないところから生み出す魔術師ではありません。
デザインのゴールになるものはコンセプトや課題(の解決)です。コンセプトや課題にあわせてビジュアルを設計していく仕事だと私は考えています。

目的地がないと辿りつかない

デザインのビジュアルを作っていく上での目標であり、到達すべきクオリティの基準です。 ゴールが見えないと、デザインをどう進めるのかべきかがぶれます。わからなくて迷子になる。

組織やチームもゴールにするビジョンを共有しないと、メンバーがどう振る舞うべきかわからないですよね。ゴールに向けて一つの決まった方向を向いて進むようにしないといけない。

デザインのゴールと作るものが一致している状態を目指すのがデザイナーの仕事だと思います。 デザインするビジュアルの方向性は複数考えられますが、進行方向は一定です。

私個人は割とぼんやりWebデザイン的なことからデザインを始めたので、ビジュアライズすることを小手先のテクニックやパターンを使うことで進めていた時期はあまりうまくいってませんでした。
ゴールをや課題解決のポイント決めることで、ロジカルにデザインを落とし込むことができるようになったような気がしています。

ゴールを探る

デザインするに向けてプロダクトやサービスのコンセプトや課題解決のゴールを探る過程もデザイナーの仕事のうちです。
この過程での決めが甘いとゴールへの道筋がぐらつきます。探る過程はプロダクトを知る・深掘ることができるので、個人的にも楽しいフェーズでもあります。

事業やサービスをつくる際、「0 → 1(ゼロイチ)」という言葉を使います。「0 → 1」はゴールとする「1」の方向性や方針を決めた上で目指すものです。 目指すものを決めたら、どう進むかを試行錯誤して前進できます。

デザインのゴールは、デザインの基準としてもプロダクトの進む到達点と考えています。常に見直したり振り返ってデザインする道を進めていきたいと思います。

Gaji-Laboでは、UIデザイナーを募集しています

弊社では手ざわりのいいUIを通して事業に貢献したいUIデザイナー、一緒にお仕事をしてくださるパートナーさんの両方を募集しています。大きな制作会社や事業会社とはひと味もふた味も違うGaji-Laboを味わいに来ませんか?

求人応募してみる!


imanishi

投稿者 imanishi

UIデザイングループリード。
制作会社でプロモーションサイトや広告のデザイン制作、受託開発会社にてサービスのUIデザインを経験し、Gaji-Laboに参加。ユーザーが使いやすいインターフェースデザインづくりと、フロントエンドで実現するUIデザインの橋渡しについて考えます。
実際にインターフェースを試したりフィクションの世界のUIにヒントをえたりしながら、心地よく使えるデザインを考えるのが好き。