不要なDockerイメージを整理して容量を削減した

morita

こんばんは森田です。
Docker はとても便利ですが仮想マシンを作っているので、イメージファイルが巨大です。
先日、私のマシンのSSD要領を逼迫してしまい、不要なファイルを削除し容量を確保できたので紹介します。

現在のDockerのサイズを確認

まず、私のマシンの Docker の総量を確認してみました。

61.5GBもDockerのファイルがある

61.5GB も Docker のファイルがありました。
しかし、実際のプロジェクト数と比べてもこれは多いのではという感覚があったので調べてみました。

不要なDockerイメージを確認

docker image ls コマンドでDockerイメージのリストを出力します。

$ docker image ls
$ docker image ls を実行したターミナル

<none> というタグのイメージがいっぱい出てきました。

8GB〜5GBまで沢山の不要データが10個もありました。

プロジェクトでインストールをやり直したりしている時にそのまま残ってしまったイメージ達と思われます。

不要なDockerイメージを削除

ということで不要なイメージを削除します。
prune コマンドで使っていないイメージを削除できます。

$ docker image prune

基本的には上記の prune コマンドで削除できるはずなのですが、私の環境はうまく消えなかったので下記コマンドを実行しました。

$ docker rmi $(docker images --fileter "dangling=true" -q)

ターミナルにすごい量のファイルが Deleted されていくログが流れました。

削減したDockerのサイズを確認

18BGまで減少することができたDockerのファイル

18GBまで減りました!
元が61.5GBあったので43.5GBも減らせたことになります!

SSDの空き容量もだいぶ余裕ができました。
もしもDockerのファイルがマシンを逼迫している方はこの方法で減らせるかもしれません。

Gaji-Laboでは、Jamstackが得意なフロントエンドエンジニアを募集しています

弊社ではJamstackの知見で事業作りに貢献したいフロントエンドエンジニアを募集しています。大きな制作会社や事業会社とはひと味もふた味も違うGaji-Laboを味わいに来ませんか?

もちろん、一緒にお仕事をしてくださるパートナーさんも随時募集中です。まずはお気軽に声をかけてください。お仕事お問い合わせや採用への応募、共に大歓迎です!

求人応募してみる!

morita

投稿者 Morita Sou

フロントエンドグループ内チームマネージャー。
適切な技術提案やコミュニケーションを出来るように心掛けています。CSS設計・CMS構築や開発環境の構築などを得意としています。Macやエディタ、開発環境などを快適にすることにいつも燃えています。