UIデザインを行うときに重要なのは成果物だけではない

以前、UIデザイン案件がどのようにはじまり、どのように最終調整に進んでいくのかという記事で、大まかなプロジェクトの流れについて書きました。もちろんプロジェクトの中でもUIデザイン部分だけに着目した流れになっているので、プロジェクトの全体像の中のひと流れです。

大まかなプロジェクトの流れ図
実際のプロジェクトの中では直線的なフローでなくモデリングや検討を繰り返すサイクルになります

こうした流れの中でどんなアウトプットを作っているのか? という質問を受けることがあります。新しくご一緒するクライアントから聞かれることもあれば、採用面談で聞かれることもあります。

主な最終成果物はUIコンポーネントのデータ

UIデザインとしての最終成果物は、やはりUIそのものということになります。弊社は社内に優秀なフロントエンドエンジニアがいるため、UIデザイナーは成果物に当たるコードは書かず、UIコンポーネントのデータおよびデザイン確認のためのプロトタイプまでを作るところが担当範囲の線引きになっていると思います。

もちろんコードが書けることはそれだけで強みですし、コードがまったくわからない状態でコンポーネントを作成すること自体が逆に難しいことです。コードがまったくわからないというデザイナーは弊社にはいないものの、複雑化するフロントエンドの環境構築すべてを網羅できるわけではありません。

データ作成より多いかもしれないのは言語化作業

Gaji-LaboのUIデザインでは、同じ言語であればコードよりも日本語を重要視しています。ビジネスレイヤーとエンジニアリングレイヤーをつなぐための言語化は、UIコンポーネントのデータと同じくらい必要なアウトプットだからです。

弊社では最終成果物のUIコンポーネントデータに至るまでのビジョン、モデル、ユースケース、そのデザインがそのデザインである理由、それらを言語化すること自体がデザイナーの仕事だと考えています。作って見せればわかるはず、というのはある意味では正しく、しかしある意味では不足なのだと思います。

どうすればこのプロダクト/サービスをよくできるのかの理由、そのデザインがそのデザインである理由に関係者が気付いていなければ、一度決まった方針は意味もなく変更され、大事だったはずのことは簡単に忘れられます。そうならないための材料を可視化できるのがデザイナーですし、言語化できるのもデザイナーです。

最終成果物に至る前に必要なモデルの記述、Issueのテキスト化、ガイドラインの明文化、すべてが必要な中間成果物です。ドキュメントとしてまとめること自体が業務になることもありますが、そうでないときでも欠くことのできないのが言語化作業です。

そういった理由から、Gaji-Laboでは言語化とテキストによる記述をとても大事に考えています。

Gaji-Laboの採用面談でよく聞かれる内容ををシリーズ記事として集めてみました。Gaji-Laboで働いてみたいと思ってくださる方向けの内容をまとめた記事です。

Gaji-Laboでは、UIデザイナーを募集しています

弊社では手ざわりのいいUIを通して事業に貢献したいUIデザイナーを募集しています。大きな制作会社や事業会社とはひと味もふた味も違うGaji-Laboを味わいに来ませんか?

もちろん、一緒にお仕事をしてくださるパートナーさんも随時募集中です。まずはお気軽に声をかけてください。お仕事お問い合わせや採用への応募、共に大歓迎です!

求人応募してみる!


投稿者 山岸 ひとみ

主にサービスデザイン案件や新規事業・スタートアップ案件を担当し、サービスデザイナー/プロセスファシリテーターとしてビジネスとデザインが密接な領域で活動。柔軟なプロセス設計を持ち味にして、チームの成果と成長に貢献しています。社内ではメンバーが健康に働ける環境の整備やひとりひとりの成長のためのしくみづくりなどを担当。おいしいコーヒーを買ってくる担当もやってます☕