メンバー対談「チームや仕事のやりがいについて対談してみた!」suzuki × yamagishi 編

gaji-staff

Gaji-Laboのメンバーがどんなことを考えながら日々の仕事をしているのかをお伝えするため、Gajiおじさんから「みんなの対談が聞きたい」とリクエストをしていました。今回は対談コンテンツの第一弾として、メンバーにチームや仕事にやりがいについて話してもらうことができました。

今回は suzuki と yamagishi が対談をしてくれたので、そちらの内容を対談コンテンツらしく会話形式でお届けしてみたいと思います。(当ブログ初の試み)

話している人

suzuki

フロントエンドグループリード。HTML/CSS のマークアップから始まり、現在は React や TypeScript を使ったコンポーネント実装をすることが多いです。淡々と実装するだけではなくコミュニケーションを取りながら、チームとしてプロジェクトを前に進めることを意識しています。最近は会社の成長へのコミットに関心があり、組織・チーム全体で強まるためにはどうするのだろう?ということを考えています。

yamagishi

主にサービスデザイン案件や新規事業・スタートアップ案件を担当し、サービスデザイナー/プロセスファシリテーターとしてビジネスとデザインが密接な領域で活動。柔軟なプロセス設計を持ち味にして、チームの成果と成長に貢献しています。社内ではメンバーが健康に働ける環境の整備やひとりひとりの成長のためのしくみづくりなどを担当。おいしいコーヒーを買ってくる担当もやってます☕

「仕事にやりがいを感じることってある?」

(わちゃわちゃしながら対談スタート)

yamagishi「対談っぽい感じということで、まじめなことを聞こうと思うんだけど、yuri(注:suzukiのハンドルネーム/普段からHNで呼び合っています)は仕事にやりがいを感じることはあるんですか?」
suzuki「あります。やっぱり、お客さんの役に立てた時はうれしいですよ」
yamagishi「お客さんの役に立つっていうのは、どんな時に感じるの?」
suzuki「なんだろう、別にいつも感謝の言葉がほしくてやってるわけではないけど、たまに伝えてくださる時とかですかね。自分で貢献したいと思ってやったことが、役に立ったと本当に言ってもらえると、実感できてうれしい」

「お客さんとはどんな関係で仕事してる?」

yamagishi「そういうこと言ってもらえる関係性が作れてるっていうのがいいね。普段そういうコミュニケーションってどういう時に起こるの?」
suzuki「決まってというわけではなくて、カジュアルな感じですね。タスクのチケット確認のときに『すぐ対応してもらって助かりました』と伝えてくださったりとか」
yamagishi「そういうのマメに言ってくださるのはうれしいね」
suzuki「そういう意図で動いたことがちゃんと伝わっているとうれしいし、ありがたい」
yamagishi「お客さんに対してありがたいって思うことはよくあるんだ?」
suzuki「いい人が多いので、困ってる時に(受発注関係に関わらず)普通に助けてくださる。あとはここは私ができるだろうなと思ってそれを任せてくださる。頼ってくれるということは、たぶん私がスキルとしてやれることが何か、ちゃんと伝わっていると思うんですよね。そういう場面で頼ってもらえるのが普通にうれしいです」
yamagishi「うんうん、ありがたいよね、一方的な上下関係じゃなくてチームとして認めてもらえる感じがするよね」

「仕事をしていて楽しいと思うことはある?」

yamagishi「やりがいとか大げさな話じゃなくて、楽しいなぁみたいに思うって事ってあるの?」
suzuki「進捗第一人間なので、クライアントワークに関しては進捗が出てればフラット。難しい何かが分かるようになったとかよりも、コンスタントに進捗が出てることが地味にうれしいというか楽しいというか、自分にとって重要かもしれない」
yamagishi「ああ、わかる気がする。それも楽勝すぎる作業だとちょっとつまらなくない? 少しチャレンジできる内容だったりしたほうが楽しい気がする」
suzuki「実は、楽しいって重要? って思うことがあって。ちゃんと必要な成果を出すとか、そこでやり遂げたい施策に対してきっちり早く成果を出せるようにするとか、よりよくすることが貢献になって、うちの会社の評価になる。そういうことはやりたいってなって、いつも思っているけど、その中で自分が楽しいと感じる必要があるのか自分ではよくわからなくて」
yamagishi「なるほど。でも、そこで貢献して結果が出たぞ〜みたいなのは、楽しさにはならないのかな。yuriの中でやりがいと楽しさは近いもの? 遠いもの?」
suzuki「うーん、楽しさってなんだろう。やりがいはやりがいで別かな。別のものだと思う」
yamagishi「その感じかた捉えかたは興味深いね。まぁでもわかる。仕事で感じる楽しさって、いわゆる楽しいとは意味合いが違うよね」
suzuki「違うね」
yamagishi「私はなんでも楽しいってなっちゃうタイプだから、仕事は仕事って割り切ってる人ってこの辺どうしてんだろうっていうのは疑問だったりする。楽しくないなと思うとやれないから、単純作業でも何かしらの楽しさを感じてやってるんだよねいつも」
suzuki「それはそれですごいな、どうするとそうなるのか気になる」
yamagishi「そう、そこの感じ方って人によって違うよね。あとは実際同じことを感じてても、それを楽しいに分類する人としない人っていると思うんだよ」
suzuki「あぁ、そうだね」
yamagishi「私はなんでも楽しいの方に分類しがちだから、そこは本当、人の感じかただよね」

「仕事で好きな瞬間は?」

yamagishi「業務の中で好きなものとか好きな瞬間ってある?」
suzuki「クライアントワークだったら、貢献できてる感が欲しいんですよね。0→1のフェーズだったら、量をいっぱい生み出す、ひたすらコンポーネントを書くみたいなのがあって好きだし、OKRに取り組むような話だったらまず考えるところから始まったりして、そういう作業が好きな時もあるし。なんだろう、手を動かすのが好きって一言で言える感じでもないんですよね」
yamagishi「貢献できてる感、いいよね」
suzuki「でも、自分も含めて、チームや組織がいい感じになってる瞬間がいちばん好き」
yamagishi「いい感じになってる瞬間?」
suzuki「うん、いい感じになってる瞬間を体感できたり、そうなっていこうとしてるときとか、好きです」

「どんな人と一緒に働いたら楽しい?」

yamagishi「チームや組織がいい感じになるって、確かにテンション上がるよね。yuriはどんな人と一緒に働いたらいい感じになれる感じがする? どんな人と一緒に仕事したら、やりがいとか楽しさみたいなのがもっと増えると思う?」
suzuki「そうだなぁ、気にせず色々やってくれる人、かな。やってみたいからやってみました! って、事後報告してくれる人。こういうのあったほうががいいかなって思ったから、やってみたとか作ってみたとか書いてみたとか」
yamagishi「指示待ちで知らん顔しない感じってことかな。チャレンジ精神に近いのかな」
suzuki「うん、もちろん闇雲になんでもやれって言う意味じゃないんだけど、課題を見つけたり『あれっ?』って点を見つけて自分で改善に取り組んでみて、そういうのを楽しそうにしてる人がいると楽しい。おもしろいことやってるなって思って、自分も何かやりたくなる」
yamagishi「それはわかる。なんでもかんでもイヤイヤやってるなぁって人だけしかいないチームとか、私辞めるもん。普通に辞めちゃうか解散する(笑)」
suzuki「解散(笑)。そうだよね、うんうん」
yamagishi「私は(スキルセットの関係上)ひとりで他のチームにジョインすることが多いじゃない? そういうチームの中で何か解決したり、課題に取り組むのをみんなが楽しそうにやってるみたいな、そういう瞬間が楽しい。仲良しこよしという意味ではなくて、取り組み自体をシビアに楽しんでる熱気を感じるチームの中にいるときが、私が楽しいって感じる瞬間だな」
suzuki「ああ、なるほどなるほど」

「逆に楽しくないことは?」

yamagishi「そういう楽しさをチームの中で感じない瞬間が何よりストレス。もう解散しようよこのチーム、ってなる(笑)。楽しんで取り組んでいるムードを出してる人が多ければ多いほど、みんなのためにがんばろうって思う。そういうのを感じないチームに対しては、がんばろうという気持ちがまったく起きない」
suzuki「うんうんうん」
yamagishi「楽しんでる人ってさ、周りにパワーをくれるじゃない? それって結構大事なことだと思ってて。どんなキャラクターの人でも、ここを楽しんでますっていうことが誰かに伝われば、物静かとか口数が少ない人だったとしても、エネルギーは確実に伝わるんだよね」
suzuki「うんうん」
yamagishi「私はチームの中で他人のエネルギーを奪う人がいることがいちばん許せないのね」
suzuki「あぁ、なるほど」
yamagishi「まず奪わない。他人のエネルギーを奪わないっていうのが大前提で」
suzuki「奪わない大前提、わかる」
yamagishi「そのうえで、ちょっとでも他の誰かにエネルギーを与えてる人がいるって、すごくうれしくなる。yuriが言ってるような人がチームにいると、エネルギーをくれると思う」
suzuki「そうね」
yamagishi「そういう人と一緒に働きたいなって思っても、自分がそうなれるか、そういう状態を保てるかってなると、難しかったりするよね(笑)」
suzuki「そうね、ごめんねってなるときあるよね(笑)」

まとめ

このお話、実はこの後、キャリアとマインドセットのお話になっていきます。そちらは次回の記事でお届けしますので、楽しみにお待ち下さい。

対談形式での記事は初めての試みでしたので、読みづらいところもあったかと思います。少しずつ読みやすい形にブラッシュアップしていきますので、こんなお話聞いてみたい/こんな内容について話して、などあれば、お気軽にお題のリクエストをお寄せください!

Gaji-Laboのメンバーがどんなことを考えながら日々の仕事をしているのか、対談形式やインタビュー形式でまとめた記事を集めてシリーズにしてみました。採用活動中の方でGaji-Laboのメンバーやカルチャーについてもっと知りたいと思っている方、Gaji-Laboのことが気になっている方などに特におすすめの内容になっています。

この機会に、オンラインで気軽に面談してみませんか?

現在弊社では一緒にお仕事をしてくださるエンジニアさんやデザイナーさんを積極募集しています。まずはカジュアルな面談で、お互いに大事にしていることをお話できたらうれしいです。詳しい応募要項は以下からチェックしてください。

パートナー契約へのお問い合わせもお仕事へのお問い合わせも、どちらもいつでも大歓迎です。まずはオンラインでのリモート面談からはじめましょう。ぜひお気軽にお問い合わせください!

お問い合わせしてみる!


gaji-staff

投稿者 Gaji-Labo Staff

Gaji-Laboの社内デジタル環境でいろいろなお手伝いをしているゆるボット・Gajiおじさん。みんなのシリーズ記事をまとめたり、卒業したスタッフの過去記事を記録したりする係として、このブログのお手伝いもしています。