フロントエンドエンジニアのカジュアル面談でよく質問されること

suzuki

こんにちは、 Gaji-Labo フロントエンドエンジニアの鈴木です。

絶賛採用活動中の Gaji-Labo では、日常的にカジュアル面談を実施しています。

本採用プロセスに至る前のカジュアル面談をたくさんすることで、お互いにカルチャーマッチするかどうかをざっくばらんに話せる機会を作りたいからです。

Wantedlyの応募ページ画面

カジュアル面談を重ねる中で、繰り返し聞かれる質問が出てきます。追ってそれぞれへの回答を記事にしたいなと考えていますが、まずはここ最近のカジュアル面談でよく出た質問や話題をまとめることからはじめてみたいと思います。

よく出た話題と質問まとめ

一緒に働くメンバーについての質問

一般的に聞かれる社員の年齢層や割合、社内の人間関係についてはもちろんですが、もっと具体的なことを聞かれることが多いです。以下のような内容を掘り下げて質問されるケースが複数ありました。

  • 具体的にどのような分野に特化しているメンバーがいるのか
  • どんな人たちがいて、採用ではどういった人を求めているのか

会社の体制や案件について

どんな会社なのかは毎回聞かれることではありますが、最近ではゼロから質問されることは減ってきていて、事業内容や案件の内容について掘り下げて聞きたいとおっしゃっていただくことが増えました。

  • どんな事業をおこなっているのか
  • どんなクライアントがいるのか
  • どんな案件をやっているか
  • どんな体制でやっているか

より具体的な業務について

  • 技術スタックごとのプロジェクトの割合
  • どのくらいの規模・期間の案件があるのか
  • 案件開始の流れ
  • だいたい何案件動いているのか

自分たちでは気付けないことに気付ける貴重な機会

Gaji-Labo の中にいると当たり前になってしまっていることに、面談のたびに気付かせていただいています。

特に、「モダンなフロントエンド技術を積極的に採用されているようで興味を持ちました」と言っていただけることが多く、嬉しい気持ちと同時に、アピールポイントから抜けがちだなぁと気付きます。

カジュアル面談では、お互いがお互いの大事にしていることをよく知り合うための時間になるよう心がけています。少しでも興味を持っていただけたら、ぜひお話しできると嬉しいです。

Gaji-Laboでは、React経験が豊富なフロントエンドエンジニアを募集しています

弊社ではReactの知見で事業作りに貢献したいフロントエンドエンジニアを募集しています。大きな制作会社や事業会社とはひと味もふた味も違うGaji-Laboを味わいに来ませんか?

もちろん、一緒にお仕事をしてくださるパートナーさんも随時募集中です。まずはお気軽に声をかけてください。お仕事お問い合わせや採用への応募、共に大歓迎です!

求人応募してみる!


suzuki

投稿者 suzuki

フロントエンドグループリード。
HTML/CSS のマークアップから始まり、現在は React や TypeScript を使ったコンポーネント実装をすることが多いです。淡々と実装するだけではなくコミュニケーションを取りながら、チームとしてプロジェクトを前に進めることを意識しています。最近は会社の成長へのコミットに関心があり、組織・チーム全体で強まるためにはどうするのだろう?ということを考えています。