メンバー対談「1on1でちょっとまじめに雑談してます!」suzuki × yamagishi 編 vol.2 未来の自分と対話するしくみの話

gaji-staff

Gaji-Laboのメンバーがどんなことを考えながら日々の仕事をしているのかをお伝えするため、Gajiおじさんがみんなの対談をコツコツ集めています

今回はフロントエンドグループリードの suzuki と yamagishi が 1on1 で話した雑談をベースに記事にしてみました。

話している人

suzuki

フロントエンドグループリード。HTML/CSS のマークアップから始まり、現在は React や TypeScript を使ったコンポーネント実装をすることが多いです。淡々と実装するだけではなくコミュニケーションを取りながら、チームとしてプロジェクトを前に進めることを意識しています。最近は会社の成長へのコミットに関心があり、組織・チーム全体で強まるためにはどうするのだろう?ということを考えています。

yamagishi

主にサービスデザイン案件や新規事業・スタートアップ案件を担当し、サービスデザイナー/プロセスファシリテーターとしてビジネスとデザインが密接な領域で活動。柔軟なプロセス設計を持ち味にして、チームの成果と成長に貢献しています。社内ではメンバーが健康に働ける環境の整備やひとりひとりの成長のためのしくみづくりなどを担当。おいしいコーヒーを買ってくる担当もやってます☕

ヌルヌルしないための振り返り

yamagishi「yuriの中でしんどさと成長したいぞのバランスってどんな感じなんですか」
suzuki「言い方は粗いんですけど、成長しないって思うようなことはやりたくない。だいたいやって成長しないことはないだろうと思ってなんでもやってる。だから成長しないと思って何かをやるってことは、まずない気がする」
yamagishi「やったらやっただけ、自分が成長できると信じてるってこと?」
suzuki「信じてるっていうか、もうそうならなきゃおかしいと思ってる (笑)」
yamagishi「そうなんだ、強い (笑)」
suzuki「やっても成長にならないことはやらないみたいな(笑) こじつけでもそう思ってます」
yamagishi「うちけっこう自分自身の成長を振り返るためのQ面談とか毎週の振り返りとかの類を結構しつこくやってもらってるじゃない」
suzuki「しつこくはないと思うけど (笑)」
yamagishi「いやー、しつこくはないにしても、うちの規模で言ったらけっこうちゃんと振り返りサイクル作ってるなって思うんだけど (笑) 、ああいう時間って、ちゃんと自分で拾える時間とか自分で使えるツールにしてほしいんだよね」
suzuki「うんうん」
yamagishi「それがないとさ、なんかヌルヌルっていっちゃうじゃない、自分で気付かないと」
suzuki「ヌルヌルしちゃいますね 」
yamagishi「いつまでもヌルヌルしないよう、自分のために使ってほしいんだけど、あー面談だめんどくさいなーと思いながら取り組まれても、その時点で本人のためにならなくなっちゃうから」
suzuki「ああ」
yamagishi「こんな言い方するとよくない部分もあるけど、そういうツールを自分のために使ってやるぞって思ってる人と思わない人とでは、キャリアの伸びに差が出るんじゃないかと思うんだよね。うちのメンバーには、みんなあれをちゃんと自分のための階段作りとして活用してほしいなと思って続けてる。実際はみんなただめんどくさいと思ってるだけなのかもしれないけど (笑)」
suzuki「あれがないと書くタイミングないっていうのはありますよね。自分では書かない、面談のタイミングなかったら、なかなかね、時間を取って書こうってならないから」

未来の自分が今のタイムライン上の自分と対話できるしくみ

yamagishi「yuriは入った頃からQ面談用の振り返りシートずっと書いてもらってると思うんだけど、あれ書くことで気付くことってある? それとも全然ない?」
suzuki「やっぱり前の期のシートを見るんですよね、最初、書く前に。それでこんな感じだったんだ〜と思って。同時に自分こんなことで悩んでたんだ〜って思ったりすることもあって」
yamagishi「大事ね、そういうのね」
suzuki「もう解決したけどそれ、みたいな。それでまずひと笑いしてから、思い付くことを書いていくみたいな感じでやってる。ので、気付くことはそれなりにあります」
yamagishi「わかるわかる。過去の自分に言ってやりたいことがいっぱいできるよね (笑)」
suzuki「そうそう (笑) 。安心しろ、君はもうそれちゃんとできてるから、みたいな (笑)」
yamagishi「そういうふうに思ってくれるっていうことはすごくありがたい。そういうために使ってもらいたいと思ってるから」
suzuki「うんうん」
yamagishi「未来の自分にお手紙書いてるみたいなもんだと思うんだよね。自分にアンサーしながら未来の自分にお手紙書いてるみたいなさ。自分のタイムライン上の自分と対話できるのって、今の自分しかいないじゃない?」
suzuki「そうね」
yamagishi「いくら1on1で他のメンバーからヒントをもらったとしても、最終的に自分の中で落とせるのって自分しかいないから、そういう時間をあえて作らないと」
suzuki「うんうん」
yamagishi「そういうのが趣味で、ずっと自分でやっちゃう性分の人はいいけどね」
suzuki「そうね、得意な人はそれで全然いいのかもしれない。そうじゃない人はきっかけがほしい」
yamagishi「得意じゃなくても自然とやれるライフサイクルみたいなのは用意したいなって思ってて、あの時間を置いてる。忙しい中で面談スケジュールもらってごめんねっていつも思うんだけど、自分のための時間にしてほしいなって思っているので、絶対やめない」
suzuki「うん」
yamagishi「いつもね、面談日程ヒアリングとかをカレンダー入れるとき、なんかごめんねって思いながら入れてる (笑)」
suzuki「そこは気にしなくていいと思うけど (笑)」

自分のための振り返りと業務上の評価は別のもの

yamagishi「せっかく時間もらうんだから、もっとよくできないかね、あの時間ね。12期からはちょっと変えようと思ってたりもするの。今はOKRのこととか自分のキャリアのこととかが中心だけど、直接的に評価に関わることみたいなのは今ないし」
suzuki「そうですね」
yamagishi「直接的な評価の部分がしくみとして弱いと思ってるけど、そもそも必要なのかどうかって部分もあるし、振り返りと評価を面談の中で結び付けるべきか結び付けないべきかみたいなのもあるしで、すごく葛藤してる。」
suzuki「なるほど」
yamagishi「できれば結びつけずに別々で考えていきたいと思ってるんだけど、でももう少しうまく本人の中で落としこめるように変えたい部分もあって。自分のキャリアパスに対してどういうスキルを伸ばさなきゃいけないのかとか、どういうことをやるとどう評価されるのかみたいなこと、もう少しわかりやすく表現されている何かがある違うのかな」
suzuki「それはあったらいいかも」
yamagishi「振り返りと評価とは別にあるべきだなーっていうのはやっぱり思う。それとこれを一緒にすると、たぶんおかしくなっちゃう」
suzuki「確かにおかしくなっちゃうかもね。振り返りは振り返りで、自分が思い出せる限りのこと書いて活用したほうがいいかもしれない」
yamagishi「わけたらわけたで、みんなまた考える内容が増えるから、大変だろうなと思うと悩ましいけど」
suzuki「なるほどね。でもね、本人が評価と自分のやってることを関連付けさせたいと思うんであれば、その必要性が理解できるとは思いますよ」
yamagishi「そうだね。こういうところがすごく伸びてるから評価として反映したいみたいな指標が、漠然とした感じじゃなくて、指標としてちゃんとあるといいなとは思うんですよね」
suzuki「そうですね」
yamagishi「そのへん、もう少し整理していかないと、人が増えたときになんで評価されてんだっけってわかんなくなって、ふわっとしちゃう」
suzuki「まだイメージはできないけど、指標はあったほうがいいなって思います」
yamagishi「振り返りもOKRも業務の評価もそれぞれまったく別の指標だから、一緒にしてはいけないんだけど、これからそれぞれの指標をどう育ててどう活用していくかはまだ課題ですね」

終わりに

インタビューやがっちりした対談と違って、ゆるゆるとした雑談内容ですが、今後も 1on1 での雑談シリーズとして続いていくかもしれません。お楽しみに。

対談形式での記事は最近はじめたばかりの試みなので、読みづらいところもあったかと思います。少しずつ読みやすい形にブラッシュアップしていきますので、こんなお話聞いてみたい/こんな内容について話して、などあれば、お気軽にお題のリクエストをお寄せください!

Gaji-Laboのメンバーがどんなことを考えながら日々の仕事をしているのか、対談形式やインタビュー形式でまとめた記事を集めてシリーズにしてみました。採用活動中の方でGaji-Laboのメンバーやカルチャーについてもっと知りたいと思っている方、Gaji-Laboのことが気になっている方などに特におすすめの内容になっています。

この機会に、オンラインで気軽に面談してみませんか?

現在弊社では一緒にお仕事をしてくださるエンジニアさんやデザイナーさんを積極募集しています。まずはカジュアルな面談で、お互いに大事にしていることをお話できたらうれしいです。詳しい応募要項は以下からチェックしてください。

パートナー契約へのお問い合わせもお仕事へのお問い合わせも、どちらもいつでも大歓迎です。まずはオンラインでのリモート面談からはじめましょう。ぜひお気軽にお問い合わせください!

お問い合わせしてみる!


gaji-staff

投稿者 Gaji-Labo Staff

Gaji-Laboの社内デジタル環境でいろいろなお手伝いをしているゆるボット・Gajiおじさん。みんなのシリーズ記事をまとめたり、卒業したスタッフの過去記事を記録したりする係として、このブログのお手伝いもしています。