社内コミュニケーションツールに Discord を試している話

morita

こんにちは森田です。
弊社がフルリモートになり1年が経ちました。
私もメンバーもフルリモートに慣れてパフォーマンスも安定していると感じます。

しかしコミュニケーションはやはり直接会って話した方がスムーズな事も多く、それをいかにリモートワークで実現するかに課題感があります。
そんな折、チャットツールの Discord を試してみてライトなコミュニケーションに向いていると感じました。

Discord とは

Discord | Your Place to Talk and Hang Out

学校のクラブでも、ゲーミンググループでも、世界規模のアート・コミュニティでも、一緒にのんびりするだけの身近な友達でも。毎日話して、もっと集まるお手伝いを、Discordがいたします。

元々はゲーム向けチャットツールで、オンラインゲームでのボイスチャットやゲーム配信で人気のツールです。
テキストチャット+ボイスチャットがリモートワークでも便利と社内ツールとして導入したという記事などを良くみます。

弊社での Discord の立ち位置

弊社のコミュニケーションツールは、テキストチャットは Slack、通話やビデオ通話では Zoom を使っております。
クライアントとの打ち合わせや、採用面接なども基本的に Zoom を使用しております。

このようなツールから乗り換える予定はなく、Discord はカジュアルなコミュニケーションに使うために導入をしてみました。

利用規約として商業利用 NG なのでクライアントとの商談などには利用できませんが、社内でのコミュニケーションでの利用は問題ないとのことです。

Discord の便利な機能「ボイスチャンネル」

via: https://discord.com/

Discord を導入してみようとした最大の理由として「ボイスチャンネル」があります。
これは、Zoom や Meet と違い URL 不要でチャンネルに入れば通話ができる機能です。
好きな時にチャンネルに入れば話しかけれることでリモートワークでの音声通話や画面共有のハードルを下げることができると考えています。

Slack でテキストで質問するよりボイスチャンネルでサッと聞いた方がすぐ解決する場合もあるでしょう。

弊社のボイスチャンネルの使い方

同じ案件を進めている時は同じボイスチャンネルで常時会話していたり、画面共有でサクッと質問したりしています。
また、ペアプロしたり、雑談やもくもく会、勉強会のプレビューなどでも使えそうですね。

弊社の Discord ボイスチャンネル

メンバーがいる部屋でステータスやボイスチャットをしているのも一目でわかるので、そこも便利に感じています。

今後、ボイスチャンネルに色々とチャンネルを増やしてみる予定です。

まとめ

現在はまだまだお試し中ですが Discord によってよりリモートワークが効率化できればいいなと考えております。

Discord、某大企業が買収するという噂もありますが、ビジネスとしてのコミュニケーションツールとしての可能性からでしょうか。
個人的には Github などと連動して開発がより進めやすいツールになったりしたら嬉しいです。

この機会に、オンラインで気軽に面談してみませんか?

現在弊社では一緒にお仕事をしてくださるエンジニアさんやデザイナーさんを積極募集しています。まずはカジュアルな面談で、お互いに大事にしていることをお話できたらうれしいです。詳しい応募要項は以下からチェックしてください。

パートナー契約へのお問い合わせもお仕事へのお問い合わせも、どちらもいつでも大歓迎です。まずはオンラインでのリモート面談からはじめましょう。ぜひお気軽にお問い合わせください!

お問い合わせしてみる!


morita

投稿者 Morita Sou

フロントエンドグループ内チームマネージャー。
適切な技術提案やコミュニケーションを出来るように心掛けています。CSS設計・CMS構築や開発環境の構築などを得意としています。Macやエディタ、開発環境などを快適にすることにいつも燃えています。