チームの中でひとりひとりが保っていきたいストレッチゾーンとは?

最近はチームのコンディションづくりやそのための動き方について話す機会がまた増えてきています。チームが生まれるプロセスに立ち会うのって、いつも新鮮でうれしい気持ちです。

デザインプロセス支援の案件、中でもスタートアップ系のチームに対してよく言う内容については、このブログの中でも何度か書いてきました。

今回はチームの中で学習を繰り返しながら成長していくプロセスに着目したお話を書きたいと思います。

コンフォートゾーンとストレッチゾーン

パフォーマンスの理論や学習に関する理論の中でよく出てくる概念図に、3つのゾーンの概念図があります。

パフォーマンスの理論や学習に関する理論の中でよく出てくる概念図
学習やパフォーマンスにとっても有名な概念図です

1. コンフォートゾーン(慣れ親しんで快適な空間)
2. ストレッチゾーン(未知の領域で成長できる空間)
3. パニックゾーン(ストレスや負荷が強すぎる空間)

3つのゾーンについてざっくり説明すると、ストレスを感じず安心感が得られるゾーン、未知のものに出会いながらそれに対応していくことが求められるゾーン、恐怖心が勝って冷静でいられないゾーン、みたいな感じです。

快適な状態に身を置きすぎても進歩がないし、パニック状態になっていても成長は見込めません。いかにしてストレッチゾーンの中でのびのび動くかというのが成長の鍵になりますが、そのためには本人のマインドと周囲のサポートの両方が必要だと考えます。

人によって、場合によって、ゾーンの厚みは変わる

ひとくちで3つのゾーンとは言っても、それぞれの厚みにはさまざまな形がありますよね。たとえ周囲がどんなに働きかけてもコンフォートゾーンから出る気がない人もいれば、そんなに気合を入れなくてもストレッチゾーンをどんどん広げていける人もいます。

人によってゾーンの厚みが違うの図
その人や状況によって、ゾーンの厚みやコンディションは変わってきます

自分がどんな状態なのかな? 一緒に高いハードルを乗り越えようとしているチームメイトはどんな状態なのかな? というのが把握できているのといないのとでは、動き方も変わるんじゃないかと思います。

チームのみんながコンフォートゾーンを出ない状態というのは、生産性とポジティブ度の図では左側の状態になりやすいのかなと思います。また、みんながパニックゾーンに近い場所に居続けると、右下の状態に繋がりやすくなるのかもしれません。

生産性とポジティブ度を軸にチームの状態を表した図
弊社のブログの中でよく出てくる例の図です

気持ちよく動けるストレッチゾーンの中で新しい課題にチャレンジし続けること、そんなチームが作れたら最高ですよね。チームの在りかたに決まった正解は存在しませんが、関わるチームが少しでもいいコンディションでいられたらいいなぁと思います。

チームやプロセスのお悩み、ありませんか?

あなたのチームのお悩みはなんですか? 「プロジェクトゴールへの目線合わせができていない」「ビジネスから開発までのプロセスがうまく繋がらない」「プロジェクトがうまくいっていないが、その理由がわからない」などなど… 。

そんなときは、相談相手としてGaji-Laboにお気軽にお声がけください。事業やデザインの悩みを紐解きながら、チーム全体の生産性をアップさせるためのお手伝いをします。

オンラインでのヒアリングとフルリモートでのプロセス支援に対応していますので、リモートワーク対応可のパートナーをお探しの場合もぜひ弊社にお問い合わせください!

お悩み相談はこちらから!


投稿者 山岸 ひとみ

主にサービスデザイン案件や新規事業・スタートアップ案件を担当し、サービスデザイナー/プロセスファシリテーターとしてビジネスとデザインが密接な領域で活動。柔軟なプロセス設計を持ち味にして、チームの成果と成長に貢献しています。社内ではメンバーが健康に働ける環境の整備やひとりひとりの成長のためのしくみづくりなどを担当。おいしいコーヒーを買ってくる担当もやってます☕