ストレスのないオンライン音声コミュニケーションにおけるベストなヘッドセットを考える

Gaji-Laboはリモートワークにおいて非同期的なチャットコミュニケーションと、同期的な音声コミュニケーションを組み合わせて業務を行なっています。

特にワークショップやキックオフミーティング、カジュアル面談など、その場の集中力が大事な場において、音声コミュニケーションをなるべくストレスのないものにしたいと考えました。

そこで、生活音の紛れ込みや音質の悪さ、接続の複雑さなどの要素をなるべく省き、シームレスなコミュニケーションを目指すための「デバイスの選定」を行うことにしました。

この記事は「ストレスのない音声コミュニケーションのための、デバイス選定の検討ログ」です。読んでいる人の音声コミュニケーション環境づくりに役立てることができれば幸いです。

検討要素

以下の項目を検討要素としました。

  • ルックスがシンプルである
    • ゲーミングヘッドセットなど、用件を満たすが見た目が「いかにも」な感じになってしまわないこと
    • つけている側も、それを見ている側も、ちょっとした視覚情報におけるノイズになってしまう
  • 有線で接続し、バッテリーを考慮せず十分な機能を使える
    • バッテリーが切れた、なぜかペアリングがうまくいかない、などを防ぐ
    • 何らかのソフトウェアやデバイスセッティングの不具合による「あれ、聞こえてますか?」的な時間をなくす
    • たとえばBose QC45のような「バッテリーが切れても有線接続は可能だが、ヘッドホンとしてのみ機能し、その時にマイク機能が使えない」というものはNG
  • マイクがなるべく口元の音声だけをひろう
    • Gaji-Laboは、現在原則的に出社を禁止中
    • そのため、スタッフは自宅やコワーキングオフィスなどの環境でミーティングに参加することになる
    • 集中力を欠かない場づくりのため、周辺の音声が紛れ込むことを防ぐ必要がある
  • そんなに高くない
    • 前提、お金をたくさん出すと理想のスペックを満たす製品は手に入りやすい
    • しかし、Too Muchになりすぎず、ちょうどいいスペックを満たすものであれば業務において十分である
    • 例えば超高性能なドライバーで超高音質を実現できる必要はない
  • サウンドカード、オーディオインターフェースなどを介さず、ただ挿すだけでいい
    • 上記スペックを満たすヘッドセットでも「ケーブルの末端がマイク・ヘッドホンのY字に分岐しており、両方の入力を備えたUSBサウンドカードに刺す必要がある」というものは多く存在する
    • USB-C以外の端子を受け付けていないMacBook Proなどがあるため、上記の仕様は適さない
  • オーバーイヤーヘッドホンである
    • 場合によっては長時間の会議などになることもあり、インナーイヤーヘッドホンのように耳腔にストレスのかかるものよりは、オーバーイヤーヘッドホンのほうがいいと考える(個人差があり)

選ばれたデバイス

audio-technica ATH-770XCOM

  • 単一指向性マイクとグースネック
  • 手元でボリュームコントロールができる
  • 手元でマイクミュートができる
  • 見た目がシンプル
  • MacBook Proに挿すだけですぐにヘッドセットとして使用可能
    • φ3.5㎜4極ミニジャックがあるPCに対応(1つのジャックでマイク・ヘッドホンに対応する物)

グースネックを曲げてマイクの位置を鼻より上(頬に触れるイメージ)でセッティングすることで、鼻息を拾うこともなく、口元の音声だけを的確に拾ってくれます。

終わりに

現在はコロナ禍以前よりリモート勤務を行うスタッフが多く、オンラインコミュニケーションに慣れ親しんでおり、各自の所有デバイスで問題なくコミュニケーションが行えています。しかし、その環境に慣れていないスタッフは聞こえの良し悪しがその場に与える影響に気づくことも難しく、気付いたとしてもどうしたらいいか迷ってしまうことも今後起こるかもしれません。そんな時に、今回ベターな選択肢を検討したことで的確な意見ができるようになりました。

Gaji-Laboでは、これからもコミュニケーションの要素ひとつひとつに目を向けていき、スタッフ間・お客様とのコミュニケーションをシームレスでよいものにしていきたいと考えています。

参考:惜しかった物

Logicool G ゲーミングヘッドセット G433

惜しかったポイント

  • イヤーパッドがメッシュでできており、若干音漏れしやすい
  • イヤーパッドが大きく主張しているので、見た目の面でゲーミング感が強い

Razer Kraken

  • イヤーパッドが大きく主張しているので見た目がゲーミング感が強い

この機会に、オンラインで気軽に面談してみませんか?

現在弊社では一緒にお仕事をしてくださるエンジニアさんやデザイナーさんを積極募集しています。まずはカジュアルな面談で、お互いに大事にしていることをお話できたらうれしいです。詳しい応募要項は以下からチェックしてください。

パートナー契約へのお問い合わせもお仕事へのお問い合わせも、どちらもいつでも大歓迎です。まずはオンラインでのリモート面談からはじめましょう。ぜひお気軽にお問い合わせください!

お問い合わせしてみる!


投稿者 yuki nakamura

フロントエンドエンジニア。
受託制作会社を経てスタートアップへ参画、経営・組織づくり・事業開発・プロダクト実装と幅広く経験。のち、Gaji-Labo入社。
得意なことは何かといい具合にすることで、よしなにお願いされることが多く、度々よしなにしている。
元編集者でもあり、ドキュメントを書くことが好き。ダーツも好き。