テックシェアはエンジニアとUIデザイナーの協働に役立っています

こんにちは、 Gaji-Labo 横田です。Gaji-Labo には昔から「テックシェア」という、技術共有や情報交換の場があります。これまでにも何回か本ブログで紹介しています。

現在は主にエンジニアとUIデザイナーの協働に役立つ情報交換の場となっています。

テックシェアとは

Gaji-Labo のテックシェアについて今一度振り返ってみたいと思います。

「#TechShare」という社内の Slack チャンネルで、気になった記事や話題の技術、ガジェット、イベント情報など、 “テック的” な内容をメンバーみんなで紹介しあっています。

そして毎週金曜の1時間、テックシェアと称して、自由に語り合ったり共有しあう任意参加の時間があります。コロナ禍以前は飲み物片手にカジュアルに集まったり、スライドを使って発表したり、もくもく手を動かしたりしていましたが、フルリモート体制の今では、Slack のハドル機能で画面共有しあい、Skack チャンネルに投稿したネタの感想を伝えたり解説したり、案件で相談したい実装の相談など、その時々にキャッチアップした話題をゆるく話しています。

エンジニアとUIデザイナーの協働に役立つ話題

例えばデザイナーの今西が、Figma の使い方についてエンジニア視点での意見を聞いてみたり、共通のワークフローによさそうな記事をシェアしたり、双方に役立ちそうなプラグインを紹介したりと、エンジニア・UIデザイナーの協働に役立つような話題も出れば、エンジニア間でおすすめの開発ツールを共有したり、コンポーネントカタログについてヒアリングしたりも。

コードや GitHub のプルリクエストを見せながら React 周りの質疑応答をがっつり行う時もあります。

他にフルリモート環境ならではの話題としては、それぞれどんな椅子に座って仕事しているのかをシェアしあったり、イヤホンやヘッドセットの使い心地を紹介したり。

テックシェアは Gaji-Labo の文化のひとつ

ひとつのトピックに対し自分で知ったり調べるだけでなく、みんなの意見や感想を聞くことで理解が広がってさらに深まる感じが、とても楽しいですね。

オフィスで同じ空間にいれば、間近で同僚の開発スタイルを見て真似して学んだり、関心・困り事を自然とキャッチアップしてフォローしあったりが出来ますが、フルリモート環境では、互いに発信しあわないと気づけないことも多かったりします。テックシェアの時間は、オンラインで見えなくなったものの補完にもなっているなと個人的に感じています。

全員のリソース状況によっては、Slack チャンネルへの投稿が少なくなったり、共有会の開催をスキップすることもあるのですが、週次定例MTGや朝会とは違う、案件をまたいだ情報共有や、エンジニア・UIデザイナーといった職域を越えた雑談に花咲く時間として、メンバーみんなで続けている Gaji-Labo の文化のひとつです。

この機会に、オンラインで気軽に面談してみませんか?

現在弊社では一緒にお仕事をしてくださるエンジニアさんやデザイナーさんを積極募集しています。まずはカジュアルな面談で、お互いに大事にしていることをお話できたらうれしいです。詳しい応募要項は以下からチェックしてください。

パートナー契約へのお問い合わせもお仕事へのお問い合わせも、どちらもいつでも大歓迎です。まずはオンラインでのリモート面談からはじめましょう。ぜひお気軽にお問い合わせください!

お問い合わせしてみる!


投稿者 Yokota Tomoko

運用やアクセシビリティに配慮したHTML/CSSの設計やコンポーネント作成、スタイルガイドの構築、コードレビュー、組み込み、要件の整理、社内進行管理、顧客とのコミュニケーションまで、ジョインしたチームを前に進めるためにあれこれ担当しています。子育てと仕事のバランスを楽しめるよう、日々模索しています。